リファイン桃山 panasonic image
 

 2019年度既存住宅の省エネリフォーム支援事業

住宅の省エネ化の推進を目的に,リフォーム費用の一部を補助する京都市のリフォーム支援制度(窓、ドアの断熱、高断熱浴槽の設置等)の
リフォーム工事の際、申請できます1戸あたりの補助金額の上限は同一住宅につき50万円とし,上限に達するまでは,何度でも利用が可能です。

国による「次世代住宅ポイント制度」の実施を受け,平成31年10月1日以降は重複する補助対象工事の受付を休止する予定です。
窓の断熱、断熱材の設置(外壁,屋根,天井,床)高断熱浴槽の設置ほか、オップション工事の申請期間は
2019年4月8日(?月 )から2019年9月30日(?月 )まで
京都市 既存住宅の省エネリフォーム補助金について詳しくは→b

 2019年度まちの匠の知恵を活かした京都型耐震・防火リフォーム支援事業

昭和56年(1981年)5月31日以前に着工された木造住宅を対象として,リフォームに合わせた段階的な耐震化を支援しています!
本格的な耐震工事、または屋根の軽量化土台、柱の劣化補修、有筋の基礎増設など工事内容により、 補助対象費用の80%が補助されます。
交付申請 2020年3月2(月曜日)まで
京都市 まちの巧みの知恵を活かした京都型耐震リフォーム補助金について詳しくは→
その他のリフォーム補助金については、お電話にてお問合せ下さい。
ホーム会社概要施工例イベントリンク集お知らせ
メールはこちらから→mail